priligy in mexico

Synopsis 概要

Synopsis  概要

九世紀頃日本の、いずれ京都となる都。

詩人であり、絶世の美女として知られた小野小町は仁明天皇の宮廷へ仕える為、竹林に囲まれ

た家を去る。

宮廷にて小町は、貴公子で詩人の深草少将が群衆に詩を暗唱しているのを耳にする。とても良 く書かれているが自由奔放で大胆な詩で小町は不快に思うが、人々の間で伝説と成っている少 将の女性の扱い方や魅力に小町は興味を抱き始める。そして一瞬お互いに心を奪われる。

しかし少将の傲慢な態度が嫌で小町は宮中の庭へと去っていく。庭で小町が詩を書いている所 に再び少将が現れる。二人は社会的格を忘れ、詩の一節に感情を載せ詠み合っていく。 次第に小町は少将との挑発的な詩のやり取りをやっかいに思い、小町はその場を去るため駕篭 (かご)へと逃げる。しかし少将は駕篭の中まで追って来、二人の秘密の空間の中で歴史的誓約 を立てるのである。

少将の小町への一途な想いを試す為、小町は少将に99日間毎晩欠かさず小町の家に通うよう要 求する。そうすれば100日目の晩には少将を受け入れるでしょうと告げる。そして訪れる度に お互いの想いを一巻の巻物に詩で綴り交換すること。少将は誓約を始める為に巻物を持ち、承 諾するのであった。

誓いの日々が過ぎていく中、少将は自分こそ相応しい相手だと通いながら証明していく。深く 愛し合う二人は限られた短い時間の中、詩で恋情を表現し合う。
通う事は容易ではない – 深い欲望や熱烈な色欲、誓約や小町の要求への証明に対しての少将の 苛立ちなどに二人は直面していく。それでも愛は燃え盛り、強さを増していくのだった。

99日目の晩、少将の途切れない誓約に小町は心を躍らせていた。そしてあの様な御方が自分へ の誓約を貫き通せた事が信じがたかった。しかし少将の到着の遅れと増え続ける降雪に、小町 の至福は一変し、ひどい懸念に襲われる。詩を書く事で気を紛らわそうとするが、思慕を題と した詩自体が小町を不快にさせ、弱さに溺れてしまう。小町は将来の愛を拒絶する事を誓い、 月が覗き、雪で覆われた庭に逃げ出す。

一方その間、少将は馬に乗り小町の元へ通う途中に、雪嵐で身動きが取れずもがいていた。疲 れ果てた少将の馬は石につまづき、馬と乗り手は雪の地へ転落していく。

 

100日目の朝、小町は明け方に無用に手を延ばし少将に触れようとし目を覚ますが自分は一人 だと悟る。小町は執筆机まで這っていくと詩を書き始めた。墨が溢れ、盆栽に成るただ一つの 柿が独りでに落ちる。 小町は、自分は裏切られたのでは無い、ただ遊ばれる宿命なのだと察し、夢の中で愛し続ける 事を誓うのだった。

 

 

夢路PATH OF DREAMS: Storyboard

ストーリーボード

 

 scene3

 

 

 

 

Scene 3:  仁明天皇の宮廷で小町は少将が詩を詠じているのを目にする

 

scene7

 

 

 

 

 

Scene 7:  少将は駕篭の中に飛び込み、御簾を上げる

 

4

 

 

 

 

 

Scene 16:  小町は月を眺めながら少将を待ち焦がれる